HOME > 健康コラム > アーカイブ > 新型コロナウイルス

健康コラム 新型コロナウイルス

ワクチン

 ニュースなどで新型コロナウイルスのワクチンの初期治験の結果が世界中から発表されております。

 抗体が確認されたという事で期待が持てますが、ワクチンの治験で発生した、主な症状は疲労感と頭痛です。

 このほかには筋肉痛、不快感、熱感、悪寒などで、重篤なものは認められないケースが多いようです。

 これは、一般的なワクチンでも起きる可能性のある症状です。

 2009年の新型インフルエンザは、比較的早くワクチンが開発されました。

 これは、既存のワクチンのノウハウがあったから作成できた部分もあります。

 これまでまったくワクチンのなかったコロナウイルスに対して、この早さはすごいなと感じます。

 世界1号になれば、莫大なお金が動くのでしょうけど。

 個人的には、「大丈夫?」「安全?」と思ってしまうのですが。

 ワクチンなどが開発されると安心感は出ますが、摂取後に何かあっても困るものです。

 治験は順調に進んでいるようですが、完成するのは、早くても来年の春ぐらいではないかという意見もあります。

 しばらくは、自己免疫を上げるようにも気をつけていく必要はありますね。

 新潟市、阿賀野市の治療系整体なら、酒井健康整体、わたなべ健康整体へ。

コロナウイルスとインフルエンザの飛沫感染に注意を

 話をすると、どうしても生じるのがつばなどの「飛沫」です。

 飛沫は空中に8分間は浮遊し、インフルエンザや新型コロナウイルスなどに感染している人からでは、新たな感染の火種になるおそれがあるといいます。

 25秒間繰り返し同じ言葉を言ってもらい、そのときに発生する飛沫の浮遊時間半減期を測定した実験があります。

 その時間が8分間で、話して生じた飛沫の直径はおよそ4 μm。

 この結果によると、1分間話せば、ウイルスを含有する、少なくとも1,000粒の飛沫が8分を超えて空中に留まり、それを吸い込んだ誰かに感染を誘発しうるレベルだといいます。

 新型コロナウイルスも少し落ち着いているように思えますが、まだ新しく変異したコロナウイルスも見つかっています。

 油断せずに、マスクや手洗いなど、できる限りの予防をしていくのはまだまだ続きそうです。


新潟市,阿賀野市の治療系整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

新潟県を含む39県 コロナの緊急事態宣言解除

 先日、39県が緊急事態宣言が解除されました。

 しかし、ここで 勘違いしてはならないのですが、決して今まで通りの、あの何も考えず(?)に人混みに出て、集まって、しゃべってという生活に戻ったということでは、残念ながらないということです。

 ウイルスは消えてなくなったわけではありません。

 ワクチンもまだできていませんし、感染するリスクも、今までと変わりないと思います。

 解除されたからといって一気に気が緩んでしまえば、以前のコロナの前の生活状態に戻れば、また同じことの繰り返しになってしまいます。

 皆さんの一人一人の危機感を持った行動が、まだしばらくは必要となります。

 いつ終息するのかがよく分からないのがストレスになりますが(T T)

 一人でも多くの方が伝染らない、伝染さない行動を続け、1日でも早い全国的な終息を願っています。

 新潟市の酒井健康整体、阿賀野市のわたなべ健康整体も日々、気を付けております。

 そして、日本だけでなく、世界で、気兼ねなく出掛けて、食べて、旅行して、遊んでということをしたいです!!


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

新型コロナウイルスとインフルエンザ

 新型コロナウイルスとインフルエンザは似ている症状も多いようです。

 今回は、新型コロナウイルスとインフルエンザの相違点について 世界保健機関(WHO)が発表した報告書の一部をご紹介します。

【新型コロナウイルスの感染速度はインフルエンザを下回る】

 インフルエンザの方が、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)と 発症間隔(感染源の発症から2次感染者の発症までの時間)が短い。

 WHOによると、新型コロナウイルスの発症間隔は約5~6日ですが、 インフルエンザの発症間隔は3日ほどのようです。

 したがって、インフルエンザの方が感染拡大のスピードが速いということになります。

【ウイルス排出】

 ウイルス排出は、ウイルスが宿主に感染して繁殖し、 周囲に放出しているときに発生します。

 この排出によって感染者が他人にウイルスを感染させてしまうのですが、 新型コロナウイルスの感染者の一部は、 感染から2日以内で症状が出る前にウイルスを排出していました。

 しかしWHOは、このような感染者は恐らく感染拡大の主因ではないと考えているようです。

 ある論文では、新型コロナウイルス感染症の患者は無症状か軽度の症状を示す初期段階に、 大量のウイルスを排出していることが示されています。

 インフルエンザウイルスは通常、 症状が現れてから最初の2日間にウイルス排出が起こり、 最大1週間排出が続きます。

 しかし、発表された中国の患者に関する研究によると、 新型コロナウイルス感染症の患者は約20日間ウイルスを排出し続けていたことが分かっています。

 検出されたウイルス排出最短期間は8日ですが、 37日目にウイルスを排出していた症例も。

 このことから、新型コロナウイルス感染症の患者が、 インフルエンザ患者よりもはるかに長く感染力を維持すると考えられます。

 これから解明されていくと思いますが、しばらくは注意が必要です。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

新型コロナはお湯を飲むと効果的?

 新型コロナウイルス(COVID-19)の情報が毎日流れています。

 その中で、デマがSNSで拡散されているのも問題だと言われています。

 例えば、お湯を飲むと効果的だとの情報に対して専門家は、まったく根拠がないとの見解を示しています。

 確かに、お湯を飲むだけでウイルスが死滅するとは考えにくいですが、人の免疫を考えると、体温を下げない様にするのは免疫を低下させ難くする手軽な方法の一つとも言えます。

 もしかすると、体温を下げない方が免疫力を下げにくいというところから、温かいものを飲むのが体を温める、そこからお湯が良いと少しずつ簡略化されたのかもしれません。

 まずは、手洗い、うがい、体を冷やさない、水分の補給をしっかりするといった、基本は忘れてはいけませんね。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

ウイルスや細菌には体を調整、治療していくのも有効

 毎日のように新型コロナウイルスのニュースを目にします。

 過去、世間を騒がせたSARSやMARSもコロナウイルスの新種でした。

 そもそも、人のコロナウイルスは冬の風邪の原因ウイルスとして知られていましたが、 インフルエンザウイルスなどに比べると軽症のために重要視されていなかったのです。

 またコロナウイルスは、様々な動物に呼吸器疾患、消化器疾患、肝炎、脳炎など 多様な疾患を引き起こす厄介者としても知られています。

 そして、猫や犬にも感染していることも多く、 健常な猫にはほとんどがネココロナウイルスに感染しているそうです。

 多くは感染していても発症しないか、抗体を持っています。

 ペットと同居している世帯も多いですが、 そこから様々なウイルスに密に接する機会が増えているのかもしれません。

 これに限らずではありますが、 ウイルスや細菌はまだまだ未解明な部分も多くあります。

 まずは、感染しにくい体作りや抵抗力がつくように、また、不調が無くても体を調整、治療していくのも有効ではないかと思います。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

インフルエンザ、ウイルスの感染経路


 インフルエンザの主な感染経路は、くしゃみや咳で飛び散った唾液などを吸い込むことで感染する「飛沫感染」、ウイルスが付着したものを触ることで感染する「接触感染」のいずれかだと考えられていました。

 しかし、感染者が普通に呼吸するだけでウイルスが周りに拡散して感染する「空気感染」も予想以上に起こりやすいようです。

 アメリカの大学での研究で、感染者がくしゃみをした時の息と普通の息の中に含まれるウイルス量を調べると、ウイルスの量にはほぼ変化が無かったようです。

 感染を増やさないためにも空気の換気や湿度を適度に保つのも大切ですが、感染しにくい体、感染してもしっかりと免疫が働く体になっているのが一番の対策になります。

 また、もし、感染してしまった際には、人に感染させないためにもマスクは必需品です。

 ウイルスだけで見ましたらマスクは簡単に通り抜けますが、唾液に含まれたウイルスであれば拡散するのを防ぐことができますので。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

1

« 女性の健康 | メインページ | アーカイブ | 治療院選び方 »