HOME > 健康コラム > アーカイブ > 月経前症候群

健康コラム 月経前症候群

月経前症候群

 月経前症候群とは、月経が始まる1週間から10日くらい前に身体や気持ちに様々な症状が現れるものを言います。

 体表的な症状としては、イライラ、憂鬱、気分の落ち込み、だるさ、眠気、乳房が張る、頭痛、吐気、腹痛などです。

 月経困難症や不正出血などになると出血が増えますが、鉄欠乏症になる可能性があります。

 普段の生活から、鉄分、ミネラル、ビタミン類を多く取るように心掛けましょう。

 月経痛にはビタミンCが有効ですし、血液成分の赤血球にはタンパク質を摂取しましょう。

 あと、冷えも大敵ですから、食品をはじめ、冷えない身体にもしていきましょう。

1

« 更年期 | メインページ | アーカイブ | 生理前の便秘 »