HOME > 健康コラム > アーカイブ > 2020年5月

健康コラム 2020年5月

コロナウイルスとインフルエンザの飛沫感染に注意を

 話をすると、どうしても生じるのがつばなどの「飛沫」です。

 飛沫は空中に8分間は浮遊し、インフルエンザや新型コロナウイルスなどに感染している人からでは、新たな感染の火種になるおそれがあるといいます。

 25秒間繰り返し同じ言葉を言ってもらい、そのときに発生する飛沫の浮遊時間半減期を測定した実験があります。

 その時間が8分間で、話して生じた飛沫の直径はおよそ4 μm。

 この結果によると、1分間話せば、ウイルスを含有する、少なくとも1,000粒の飛沫が8分を超えて空中に留まり、それを吸い込んだ誰かに感染を誘発しうるレベルだといいます。

 新型コロナウイルスも少し落ち着いているように思えますが、まだ新しく変異したコロナウイルスも見つかっています。

 油断せずに、マスクや手洗いなど、できる限りの予防をしていくのはまだまだ続きそうです。


新潟市,阿賀野市の治療系整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

自然治癒力

 私たち人間の体には、一般常識では信じられないようなパワーが眠っています。

 と言っても、スピリチュアル的な話ではなく、自然治癒力の話です。

 これはもともと、人間に備わっている力にも関わらず、そのままにしておくとうまく引き出せていない状態なのです。

 ですから、産まれながらに持っているこの力がしっかりと働くように、コントロールして促す。

 それが新潟市【酒井健康整体】、阿賀野市【わたなべ健康整体】で行っている施術法です。

 せっかく症状を改善できる素晴らしい力を持っているのに、それを引き出せずにずっと痛みや苦しみを味わい続けるのは、とても残念なことではないでしょうか。

 言ってみれば、「宝の持ち腐れ」です。

 是非、一回でもいいので、まずは受けてみて、自然治癒力の凄さを体験してみて下さい。


新潟市,阿賀野市の治療系整体 酒井健康整体、わたなべ健康整体

新潟県を含む39県 コロナの緊急事態宣言解除

 先日、39県が緊急事態宣言が解除されました。

 しかし、ここで 勘違いしてはならないのですが、決して今まで通りの、あの何も考えず(?)に人混みに出て、集まって、しゃべってという生活に戻ったということでは、残念ながらないということです。

 ウイルスは消えてなくなったわけではありません。

 ワクチンもまだできていませんし、感染するリスクも、今までと変わりないと思います。

 解除されたからといって一気に気が緩んでしまえば、以前のコロナの前の生活状態に戻れば、また同じことの繰り返しになってしまいます。

 皆さんの一人一人の危機感を持った行動が、まだしばらくは必要となります。

 いつ終息するのかがよく分からないのがストレスになりますが(T T)

 一人でも多くの方が伝染らない、伝染さない行動を続け、1日でも早い全国的な終息を願っています。

 新潟市の酒井健康整体、阿賀野市のわたなべ健康整体も日々、気を付けております。

 そして、日本だけでなく、世界で、気兼ねなく出掛けて、食べて、旅行して、遊んでということをしたいです!!


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

トランス脂肪酸とオメガ3系脂肪酸

 健康の話題でよく取り上げられることが多い、トランス脂肪酸とオメガ3系脂肪酸ですが、この2つの大きな違いは、体の構成成分として利用されるかどうかです。

 トランス脂肪酸は、血管内皮や体細胞、特に膵臓などの細胞を傷つけ、健康を乱す原因物質となり、糖尿病をはじめ、心疾患、脳疾患など生活習慣病の原因物質になる事が有名です。

 そこで、サラダ油からオリーブオイルやごま油、ナタネ油に。

 マーガリンをバターに変えた方は多いかと思います。

 この変更は、健康的には良いことですが、 もう一つ注意点があります。

 それが人種による「体質」です。

 例えば日本人は、体質的に乳糖の消化が困難で、牛乳を飲むとお腹が痛くなりやすいですが、欧米人は問題がまったく無い点です。

 このようなことが、油でも起きる場合があります。

 もし、オリーブオイルなどで胃がもたれる、味が異常に気になるなど、 自分に合わないかもと感じる方は、別の種類に変えることも考える必要があります。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

リラックスする時間を

 仕事に取り組む時間帯は「交感神経優位」になりがちです。

 仕事以外の時間にリラックスする時間を設けることも心の健康に繋がります。

 ご存知のように、リラックスすると副交感神経が優位になって、高ぶった神経を落ち着かすことができます。

 入浴などで副交感神経優位になることはよく知られていますが、呼吸も副交感神経優位に繋がる方法の1つです。

 ポイントは、吐く息に意識を向けることです。

 吸うことに一生懸命になると血液がアルカリ性に傾き、いわゆる呼吸性アルカローシスに繋がります。

 このような状態になりますと不安が悪化することになってしまいますし、筋肉の引きつり、痙攣を引き起こすこともあるのです。

 なので「ゆっくりと息を吐くこと」に意識を向けるのが必要となります。

 仕事以外でも、家庭で外出できない子供がいると親もイライラしやすくなります。

 ふとした時に、ゆっくり呼吸をしてみてもいいと思います。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

1

« 2020年4月 | メインページ | アーカイブ