HOME > 健康コラム > アーカイブ > 『NOMAD』社製マッサージベッド

健康コラム 『NOMAD』社製マッサージベッド

カナダ・ノマド社製のマッサージベッドの特徴について

 

カナダ・ノマド社製のマッサージベッドの特徴について

NOMAD Therapeutic Tables Inc, (ノマド社)
カナダ・ケベック州の州都モントリオール市から車で1時間ほどのLa Plaineという郊外の村にあります。

社長のダニエル・ヴィルヌーブ氏をリーダーに従業員はわずか10名ほどの小さな会社です。

そんな会社ながらも、プライドを持って高品質、高耐久性の製品を創り出し、世界でも最もセラピストのライセンスを取得するのが難しいと言われるセラピー最先進国であるカナダをはじめ、北米を中心とした数多くのマッサージセラピスト、エステティシャンやプラクティショナー達に信頼を得ています。
 



ノマド社のマッサージベッドのコンセプトは、STRONG,LASTING & FULLY FUNCTIONAL / 強固で丈夫、いつまでも使えて、全ての面において使い勝手が良い

こだわりと愛情それに高い美意識を持ったノマド社の職人により手作りで作られるノマド社製の作品は、一目見ただけで、その違いを明確に感じることができます。

全てのノマド社製品の躯体には、高級木材であるシルバーメープルが使われ、マットの表面にはスプリングタッチ、 ウルトラタッチレザーなどの高品位レザーが使われており、とても綺麗で、頑強なマッサージベッドです。

ノマドのベッドの現物を見て、触って、思いっきり揺らして、飛び乗れば、その品質や耐久性の違いは一目瞭然です。

世界中に蔓延する「安かろう悪かろう」な代物にはない、本物の高品位マッサージベッドとは何か?の答えです。
 



ノマド社について
フランスより移民したガブリエル・ヴィルヌーヴ氏(写真左)により創立されたノマド社は、モントリオール郊外で、カナダの良質な木材を使用する家具メーカーとして発足しました。

1997年より、現社長のダニエル・ヴィルヌーヴ氏がマッサージベッドを専門的に製造し始めました。

ダニエル氏は、父であるガブリエル氏の確かなノウハウを受け継ぎ、勤勉さと研究熱心さ、そして、こだわりと美意識をもって、 ノマドをオリジナリティにあふれる高品質マッサージテーブルメーカーとしてリードしてきました。

現社長を中心とした職人チームで製造されたノマド社のマッサージベッドは、多くのセラピスト達に愛されています。


 
 



ノマド社製マッサージベッドは、常にユーザーのニーズを大切にし、革新的な技術や素材を用いて製造されています。

すべてのノマド社製マッサージベッドには、高品位で組織密度の高い素材が全ての材料(木材、金属、ビニールレザー)に使用されており、 耐久性、軽量性を共に兼ね備えています。

適切に設計された“張り”と“圧縮力”が軽量マッサージテーブルに適用されていますので、体重や動作による揺れや軋みが一切なく、 トリートメントをする側、さえる側の両方に快適さを与えています。

セラピストとクライアントの身体的な快適さはもちろんのこと、確かな製品保全を兼ね備えたマッサージベッドです。

ヘッドレストやアームレストなどの全ての付属品も丈夫に、使い勝手良く作られています。

ノマドのデザイン設計は機能的に理想のものになっており、ノマド社製マッサージベッドの特徴である“張り”は素晴らしい安定性と低重量性を可能にしています。

また同時に、とても綺麗で美意識を感じさせるデザインとなっています。

 



頑丈で耐久性のある素材
ノマド社製のマッサージベッドには、カナダ産の高品質なシルバーメイプルのSAP WOODが使用されています。

繊細な木目、強度、密度の全てにおいて選別され、その優美なタッチと高いレベルを生み出しています。

選び抜かれたこの木材は、日常様々な環境下で使用され、負担のかかるマッサージベッドの劣化を防いでくれます。
 



ノマド社ベッドの耐久性が高い秘密
高い技術を元にしたTrapeze構造(トラペズ構造・頑丈なアルミの合金パイプ)

最大のポイントは、ノマド社特許の“Trapeze"(丈夫なアルミの合金パイプ)です。
これが、マッサージベッドの耐久性の要となっています。

”Trapeze”は、脚の開閉も更に容易にしています。

強い耐久性のある脚ですので、圧力を強くかけるようなダイナミックなトリートメントにも最適です。

"Trapeze"は頑丈でありながらも軽量なアルミで構成されているので、よく使用されている木製のものとは耐性に大きな差があります。

このアルミの合金のパイプが、多くの重量と動作に耐える役割を果たしているので、どんなトリートメントや手技も快く受け入れてくれるのです。

"Trapeze" は技術的に大変進んでおり、これまでのマッサージベッド構造から一線を画します。

また、機能性・デザイン性の両方で洗練されたノマドのマッサージベッドは、セラピストの方には必須と言えるでしょう。
更なる特徴として、高品質なスチール製のワイヤーケーブルが挙げられます。

ノマドの折畳みポータブルマッサージベッドシリーズに使用されているワイヤーは7本のスチール紐が編み込まれたもので、強さと安定性は抜群です。

比類なきこの“強度と張り”が、ノマド社製マッサージベッドの、素晴らしい耐久性を叶えてくれています。

これが、経験あるセラピスト達が、自身のトリートメントにノマド社製のマッサージベッドを取り入れたい理由でしょう。



また、いくつかのテーブルの脚は外側に傾斜することによって、その安定性を増しています。
これぞ、ノマドの細部までのこだわりの一つです。
 



世界一厳しい外部検査機関での認証を得た安心なベッド
北米のULによる製品安全認証(Underwriters Laboratories Inc)

ノマド社の全てのマッサージベッドは、北米のULIによる製品安全認証を受けています。


ノマド社は、この高品質なマッサージベッドの製造に誇りを持っています。






 



快適で満足のゆくベッド
ノマド社製マッサージベッドはとても安定感が高いため、揺れや軋みがありません。

また、表面には、クライアントの皮脂やマッサージオイルの酸化や変色への耐久にも最適なビニールレザーを使用しています。

こちらのレザーは4種のグレードがあり、酒井健康整体では最高品位のウルトラレザーBRISAを貼ったマッサージベッドを使用しています。
 



二重構造による安定性

マッサージベッドのパッドは全て二層となっています。

一層目のパッドはより厚く、密度の少ない二層目のパッドがこれを包み込んでいます。 
マットの土台の木のプレートには穴が開けられており、クッションの通気性を良くしています。

これらが身体を柔らかく、かつ、しっかりと支えてくれるベッドの秘密の一つになっています。

 



優美なトリートメントテーブル

高品位なビニールレザー ベッドの構造はどのようなものでしょうか。

身体に触れるベッド表面は、高品位なビニールレザーでカバーされています。

次に衛生的なプラスティックの層があり、中心の発泡プロピレンフロンを保護しています。

殺虫剤やホルムアルデヒドは一切使用しておりません。
 
最後に木製のフレームでカバーされ完成です。


ノマドの付属品も含めすべての製品が純カナダ国産のカナダ製で、表記の熟練した職人達によって作られています。 
また、他メーカーには見られない細部の作りの丁寧さは、ノマドのこだわりを表しています。
 



ノマドの品質管理の秘密
発送前に一台づつテストを受けています。

すべてのノマド社製マッサージベッドは、ULでの外部検査のみならず、1台1台の製品の全てが、発送前に慎重なテストを受けます。

クライアントが横になるのは、高品質なマッサージベッドとして認められた商品のみです。


カナダ・ノマド社製のマッサージベッドの制作過程

NOMAD(ノマド)マッサージベッドの制作風景のご紹介です。
カナダの地で、シルバーメイプル木材を躯体に使用し、ベテランの職人達に大切に大切に生み出されるノマド社製のマッサージベッド。

温かい木のぬくもりと、高品位な質・姿はそのままに、カナダを旅立ち、地球の裏側からやってきたノマドのマッサージベッドが、多くのお客様の施術のお手伝いに使用されるまでの物語です。



 


 

1. 若木の選定

カナダはモントリオール郊外、La plaine(ラプレイン)という小さな街で、ノマドベッド達は産声をあげます。

冬はこんなに雪深く、銀世界と凛々しい空に包まれた、ノマド社のオフィス兼作業場です。

乾燥されたシルバーメイプルの木です。



ノマド社は、若木のサップウッドを選び出して使用しています。

 木のどの部分が、ベッドのどのパーツに相応しいかを考えられて造られているのです。

 美しいメイプルの白木が、これからどんなベッドに生まれ変わるのか、楽しみです。



2. 若木のサップウッドの加工

若木のサップウッドの加工 ここは、ウッドセクション。木の加工場です。

選び出された良質な木を、型に沿って切ってゆきます。





職人さんも、真剣な顔つきです。










3. 木製パーツの完成



左の写真はヘッドレストやアームレスト、エクステンションなどの差込口にあたるパーツです。















すべて同一企画のサイズで製作されています。







4. ベッドフレームの加工

こちらは、ベッドのフレームの加工です。

 愛知県のKIKUKAWA製の木工用機械で加工されます。





ノマド社長であるダニエル氏は、自社の生産方式にトヨタの『かんばん方式』 (ムダを排除し、極力在庫を持たず、必要なものを、必要なだけ 必要な時にジャストインタイムで生産する)を用いているそうです。






5. ウレタンスポンジ加工

出来上がったフレームの上には、2層のウレタンスポンジが張られます。







内側のマットはソフト、外側のマットは若干固めで目が粗くなっています。

違った質のマットを2層にすることで、身体への負担がおさえられます。





ノマド社のベッドマットは、コーナーまで隙間なくきっちりと張られます。










6. レザー加工

ノマド自慢の高品質レザーです。

4種のタイプに、色も様々。

ノマド色は、他にはないこだわりのお色ばかり。

レザーの質も、もちろんいう事なしです。












レザーが張られているところです。

ノマドの布張りは、熟練した女性職人が担当しています。





女性ならではの、繊細できめ細やかな仕事が施されます。







手にしているウレタンフォームはレザーカバーに包まれ、ヘッドレストクッションになりました。







奥に見えるのは、たくさんのボルスターです。







7. 完成




 


丈夫なマッサージベッドとはどんなベッドでしょう?

マッサージベッドは施術の時に大切なお客様の体を支える、施術者にとっては大切な道具ですし、施術時には2人分の重さがかかります。

身体を預けるものとしてマッサージベッドは丈夫な方がいいですよね。
また、それだけでなく、丈夫なマッサージベッドはお客様に安心感を与え、施術者もより施術がしやすいものです。

最近は、アロマセラピーだけでなく、整体等の療法にもマッサージベッドが使われるようになりました。
より的確にお客様の身体に働きかける施術を可能にするのも、丈夫なマッサージベッドです。
 



丈夫なマッサージテーブルはどんなベッドでしょう?

現在流通しているマッサージベッドのほとんどが写真のような折りたたみのマッサージベッドです。
折りたたみのマッサージベッドを支えるのが左の写真に映っているワイヤーです。

このワイヤーがベッドを広げた時にベッドの足を支える大切な役割をします。

マッサージベッドのフレームや脚は人体における骨格で、このワイヤーは筋肉や筋に相当します。


マッサージベッドに重さがかかった時、最も負荷を受けるのがワイヤーとベッドの脚です。

この部分はアスリートの膝と同じように、とても大切なつなぎ目です。

マッサージベッドにかかる重さに耐えるためには、ワイヤーとフレームとつなぎ目がともに丈夫であることが大切です。

このバランスが悪いとベッドが安定を欠き、衝撃が掛かった時にワイヤーが切れたり、ベッドの天板が割れるといった事故が起きやすくなります。


不安定なベッドの見抜き方 その1

①ベッドのマットの上に立ってみる

②ベッドの縁に腰掛けてみる

とよく分かります。




不安定なベッドの見抜き方 その2

③ベッドの上で飛び跳ねる ※

ベッドの上に立ち、耐久性や安定性をチェック。
大きく揺れたり、きしんだりしないか、部品が歪んでいないかをチェックしましょう。

ノマド社製のベッドは、体重90キロの男性(ノマド社製のマッサージベッドを扱っている販売店の方です)が飛び上がってもびくともしません。
※マッサージベッドの上で大柄な人間が飛び跳ねると、ほとんどのマッサージベッドが壊れ、怪我をする危険性があります。

もし行う際には、十分に注意して行って下さい。



不安定なベッドの見抜き方 その3

④左右に揺する

足を広げてベッドの上に立ち、左右交互に力をかけ、ベッドの脚、フレームの歪みなどがないかをチェック。

ノマド社製のベッドは脚の接合部分にこだわりがあり、一番高くしても安定感は充分にあります。

丈夫なベッドはベッドがきしんだり、ぶれたり、傾いたりしません。





マットのレザーと弾力をチェック

⑤マットのレザーと弾力をチェック

もうひとつ忘れてはいけないのが、マットとレザー。

ベッドに手のひらを押しつけたり、ヘッドレスト部分をにぎったりして感触やクッションの沈み具合を確認しましょう。

マットにヘタリがあったり、よれるようなものは問題外です。
 



酒井健康整体で使用しているノマド社製のベッドは最上級のレザーを使用しておりますので、実際に触れると柔らかさや伸びやかさがあります。
施術同様、マッサージベッドの違いも感じてみて下さい。
 


 

マッサージベッドですが、マッサージベッドにも様々な種類があります。

そしてマッサージベットに横たわる際に見て頂きたいのがその品質です。

品質というとどのような物がいいのか難しいのですが、マッサージベッドの安全性について最低限の判断基準にとしてアースライト社、ノマド社、そしてMTブランドのマッサージベッドなどに付いている、世界的な製品の安全基準となっているULI リスティッドマークというマークが付いたマッサージベッドが安全性が保証されています。

このようなマークは世界基準の商品について安全性を別の第三者的な審査機関が証明を与えた物です。

人間が使うマッサージベッドなのでその安全性が確保されていないと非常に危険ですので、その為にこのような第三者機関が存在しています。
ベッドの裏などに貼ってありますので、施術を受ける際に一度ご確認されては如何でしょうか。
怪我をしてからでは遅すぎますので。

 


マッサージベッドの木は何の木でしょう?

ノマドのベッドにはシルバーメープルといわれる白い木の中でも、sapwoodといわれる特に強度のある部分が使われています。


現在マッサージやトリートメントを行うサロンでは、色々なマッサージベッドが使われています。

マッサージベッドの中には、スポーツマッサージで使われる軽く丈夫なベッドや移動に便利な小型ベッドなども有ります。
中でも最も人気なのは木製のベッドで、自然派のアロマサロンから、リラクゼーションを目的にしたサロンまで広く使われています。
 



では、その人気の木製のマッサージベッドにはどのような“木”が使われているのでしょうか。

楓(メープル)
マッサージベッドに使われてる木の種類は、そのベッドのお値段によって違ってきます。

最も高級なのは、楓(メープル)です。

楓の木は衝撃に強く、木目が非常に美しいので家具や床などによく使われ、メジャーリーグの野球選手がバットに使う素材でもあります。

北米原産で、特に国旗にもなっているカナダからは良質の楓の木が取れるそうです。

マッサージベッドではアメリカのアースライト社やカナダのノマド社のベッドに使われており、特に、ノマド社のベッドにはシルバーメープルといわれる白い木のsapwoodといわれる特に強度のある部分が使われています。


樺(バーチ)
楓以外に良く使われるのは樺(バーチ)です。

樺は加工が容易でツヤのある加工にすると美しく仕上がりますが、十分に乾燥させないといけないそうで、アメリカ東部が主な産地です。

マッサージベッドではインナーストレンクス社のベッドに使われています。

オーストラリア原産のアウラカリア(雲の木)という木を使ったベッドも有ります。これはライフギア社製のベッドに使われています。
 



木を比べてみましょう

マッサージベッドの木の部分のみを並べてみました。

上から、ノマド社のシルバーメープル
アースライト社のメープル
インナーストレンクス社のバーチ
中国製のマッサージベッドによく使われるビーチ
です。

微妙に色が違うのが良くわかりますね。

左の写真はノマド社のシルバーメープルです。

白木を使用した、木目が非常に美しく強度の強い木です。

ノマド社のマッサーベッドの新品を開けるとプーンと木の香りが漂ってきます。
木の香りってとても、リフレッシュにもリラックスにもなっていいですよね。

    

 


ヴェンチレーションシステム(呼吸する)レザー、ウルトラレザーBRISA(ブリザ)仕様の魅力

ノマド社のマッサージベッドのレザーのうち、酒井健康整体のマッサージベッドに貼ってある最高グレードのウルトラレザーBRISA(ブリザ)。

“BRISA”はポリウレタン素材で、なんとその設計で呼吸をすることを可能にしている革なのです!

空力の泡のクッションで構成されているなんて、革新的ですよね。

快適さと機能性の両方を実現していますこのレザーは寝心地はもちろん至福そのもの。




ノマド社のマッサージベッドレザーは、4つのグレードで展開していますが、そのどれも他社の物とはこだわりが違います。

“BRISA”はそのなかでも最高品質で、そのさわり心地にも、外観にも格段の差があります。

高級車の革張りシートや航空機の座席シートにも使用されているのと同じ素材で、カーオイルでさえもさっと拭き取れてしまいます。

実際にこのベッドを見て、さわりますと、その違いがわかりますので、酒井健康整体の施術とともに、包み込まれるような寝心地を体感して頂ければと思います。

    

 


1

« 身体について | メインページ | アーカイブ | 女性の健康 »