HOME > 健康コラム > アーカイブ > マッサージ

健康コラム マッサージ

男性 1位:腰痛 女性 1位:肩こり

 厚生労働省によりますと(www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/soshiki/toukei/tp130300-03.html)
男性 1位:腰痛、2位:肩こり
女性 1位:肩こり、2位:腰痛

となっております。

 平成22年の統計とはいえ、今もそんなに変わらないのではないかと思われますが、この数字は自覚のある方のみの数字でしょうから無自覚を入れれば更に数字は増えるのでしょうね。

 実際、当整体院に来られる患者様で、自覚がない腰痛、肩こりの方は多く、可動域といって、動く範囲が狭かったり、触診すると痛みを感じたりという状態です。

 中には、肩こりが酷くなり過ぎて、感覚が麻痺している人もいます。

 また、自覚はあるけど
「店で一番力のある人にマッサージして貰ってます!それでも柔らかくならないんです~T T」
という方も。

 そのような方の身体を触ると、
「よくもまぁ、こんなに悪化させられてますね!」(苦笑)

 当整体院にも色々な方が来られますが、肩こり、腰痛の方は多いです。

 肩こり、腰痛の原因は動かさなかったり、動かしても狭い範囲のみだったり、内蔵だったり、姿勢だったり、筋肉の過緊張だったり、血行不良だったり、ストレスだったりと様々です。

 マッサージを行うリラクゼーション系の店、マッサージが主の整体院・カイロ院などが多いので、多くの方は筋肉が原因かと思われているようですが、内蔵が原因になっている人、かなり多いです。

 内蔵に異常があり、それが原因で姿勢が悪くなってだったり、筋肉に緊張を出させてだったりといった具合です。

 そのような内蔵が原因の方に、深層筋、表層筋などの筋肉にいくらマッサージなどしたところで原因解決にはなりませんので、腰痛も肩こりも改善しません。

 逆に、むりやり筋肉をほぐそうとするので、返って筋肉は硬く悪化、いわゆる揉み返しが起こります。

 原因を解決してあげれば、筋肉は硬くなる必要がありませんので、勝手に緩んでくれ、腰も肩も楽になりますよ。

強くしないと効かないんです~

 当院ではマッサージ行為は行っていませんので言われる事はないのですが、「強いのが好きheart01 弱いと効かないのweep」という方は多いようですね。

 でも、これ・・・

 身体を壊しているんですよ!

 いたる所にあるマッサージを受けすぎて、大事な身体を壊されていることに気付いてほしいです。

 わざわざお金を払って身体を壊しに行っているんですよ!

 どういうことかと言いますと、マッサージも外部刺激でして、読んで字のごとく、身体の外からの刺激です。

 例えば...
 殴られた。
 押された。
 叩かれた。
 などと一緒で、外側からの刺激です。

 なので、強い刺激はケガになりますよね。

 筋肉に強い刺激を与えますと、筋繊維や細胞、血管などが壊れます。

 「揉み返しが酷くて~」と言うのも、筋肉などを壊された結果なんですね。

 筋肉に強い刺激を与えますと、筋肉の繊維などが傷付きます。

 傷付けられた筋肉は、自分で治そうと自然治癒力を働かせて治そうとしますが、強い刺激に耐えられるようにと、強い筋肉、硬い筋肉になります。

 そうなると、押される方は、より強い刺激でないと効かない感じがして「もっと強く押してくれ!」となります。

 やっている側も汗水たらして、これでもか!と、どんどん強い刺激を与えようと頑張ります。

 結果、ガチガチのおかしな筋肉になり、「どこに行っても効かない!」となります。

 このような方は、筋肉だけでなく、頭(脳)まで感覚がおかしくなっているので、本来の正常な状態に持っていくにはかなり大変です。

 薬物依存もそうですが、強刺激から弱刺激へとは容易に移行できないものですからね。

安易な整体、カイロ、接骨院などのマッサージにご注意を!

 マッサージ、癒し、ほぐし、リラクゼーション:(以下マッサージに統一)などを売りにしているお店がいたる所にありますが、マッサージはケア(予防、お手いれ)であり、治療ではありません。

 気持ちいいですけど...。


 また、整体、カイロプラクティック、整骨院、接骨院、ほねつぎ等と看板を上げておきながら、やってることはマッサージという所も凄く多いです。

 そのような所は10分1,000円などとメニューに書かれてたりします。

 



 そのような所に行ったところで、治りたいという目的とマッサージというやり方が噛みあっていないので、
「マッサージを受けても、直ぐにこってしまいます!」
「強く揉んでもらわないと効かないんです!」
「痛くしないと物足りないんです!」
となり、みなさん、強いマッサージやボキボキするやり方などで悪化させられているため、背中、肩などを触ると筋肉が盛り上がり、ガチガチ、まるで鉄板、亀の甲羅。

 そのような所に行きまくっている方ほど、質の悪い筋肉、おかしな筋肉になってます。

「(筋肉が)こってますね~」
「(筋肉が)張ってますね~」
「こんなに(筋肉が)硬い人は初めてです!」
「まるで(筋肉が)鉄板ですね!」
と営業トークを言われ、施術者はその硬くなった筋肉を力いっぱい、汗だくになりながら、強く押したり、強く揉んだり。

 中には、「強くマッサージをすれば、客は喜ぶから強くやれ!」と指示を出している店もあります。

 



 実は、この強く押したり、強く揉んだり、ボキボキする刺激自体が、身体が攻撃されている感じ、身体を守ろうとさらなる筋肉の緊張、コリを強くさせる原因になっています。

 腕などを強くつかまれますと、身体が緊張するのと同じです。

「そんなこと言っても、スッキリします!」
「痛い方が楽になります!」
「強い方が効いている感じがします!」
と、おっしゃる方はおります。

 ご存知のように、筋肉のコリや張りは、筋肉内などの血行が悪くなって、硬くなった状態です。

 マッサージやボキボキを行いますと、滞っていた血液が押し流され、その時はコリがほぐれたようなスッキリ感、ちょうど、スキーやスノボのブーツを脱いだ際に感じるスッキリ感のようなもので、これは一時的なものです。

 筋肉は筋肉繊維の束で出来ており、その束を包み込むように筋膜という膜で覆われているのですが、これらがけっこう脆いです。

 揉んだり叩いたり、押したりといった強いマッサージを受けますと、直ぐ線維や筋膜が傷付き、内出血などを起こします。

 いわゆる「揉み返し」です。

 女性の方に多いのですが、ぶつけた記憶はないのに脚などにアザが出来ている事が多いです。

 それほど脆い筋肉、筋膜が強いマッサージなどによって傷付けられましたら、その強いマッサージに耐えられる様に更に硬く、こったり、はったりしてしまいます。

 筋トレはその性質を利用し、痛め、傷付けてより太くて強い筋肉に鍛えようとします。

 しかし、肩こり等の筋肉のコリや張りには原因があります。

 例えば、猫背が肩こりの原因でしたら、猫背を改善しない限り肩こりは繰り返されます。

 



 強い刺激(マッサージ)に慣れた方、好きな方は「痛みの中毒」です。

 生理学的には「痛み」とは、身体を守るために最重要な感覚ですが、「痛み」が「気持ちいい」という状態は、身体の防衛システム上「異常」な事です。

 常識的に考えて、痛いことが身体に良いわけありません。

 大人に比べてまだまだ正常な子供や動物でしたら、痛い事をされましたら一目散に逃げます。

 痛い事をされて「気持ちいい」と言う子供は見たことがありません。

 また、これを読まれているあなたに小さいお子さんがいらっしゃるか分かりませんが、小さい子供が「痛いからなんとかして!」と言っているからといって、痛い事をしますか?
しませんよね?

 なのに、大人になってくると感覚が麻痺してくるのか、強いマッサージの方が効いていると感じ、強い刺激に耐えながら筋肉、筋膜を傷つけられ、悪化させられているという、本末転倒、異常な状態にさせられている方が非常に多いです。

 それも、大事なお金を払って・・・。

 中には、ただ擦っているだけの弱いマッサージ(?)のお店もありますが、弱ければ良いというものでもありません。

 



 強いマッサージに慣れた方の症状がいよいよ酷くなり、悪化させられてから当院に来院されますが、そのような症状の方は、考え方、感覚が麻痺しておりますので、まずは、強いマッサージのせいで悪化させられているという、間違った認識を改善するところから始める事になります。

 そのような強い方が効くという間違った認識を改善しない事には、無意識でも「痛みの中毒」になっておりますので、症状改善までの時間はどうしても平均してかかります。

 



 しかし、身体はむしろ、あなたを守ろうと防御システムを働かせ、必死に頑張っております。

 攻撃(強いマッサージ)から守ろうとして、堅くなったりしているのです。

 また、マッサージが悪いわけでもありません。

 私もマッサージを受けるのは大好きです。

 マッサージは世界中で様々な方法があり優れた方法でもありますが、その使い方、マッサージを行っている施術者(セラピスト)、考え方を間違えると、逆に大事な身体を悪化させられてしますという事です。

 私から見ますと、身体に負担をかけさせていると思われる所が沢山見受けられます。

 大事なお身体です。

 どうか、あなたにとって最適なお店を選んで下さい。


1

« ストレッチ | メインページ | アーカイブ | 水分補給 »