HOME > 健康コラム > アーカイブ > 食べ物

健康コラム 食べ物

トランス脂肪酸とオメガ3系脂肪酸

 健康の話題でよく取り上げられることが多い、トランス脂肪酸とオメガ3系脂肪酸ですが、この2つの大きな違いは、体の構成成分として利用されるかどうかです。

 トランス脂肪酸は、血管内皮や体細胞、特に膵臓などの細胞を傷つけ、健康を乱す原因物質となり、糖尿病をはじめ、心疾患、脳疾患など生活習慣病の原因物質になる事が有名です。

 そこで、サラダ油からオリーブオイルやごま油、ナタネ油に。

 マーガリンをバターに変えた方は多いかと思います。

 この変更は、健康的には良いことですが、 もう一つ注意点があります。

 それが人種による「体質」です。

 例えば日本人は、体質的に乳糖の消化が困難で、牛乳を飲むとお腹が痛くなりやすいですが、欧米人は問題がまったく無い点です。

 このようなことが、油でも起きる場合があります。

 もし、オリーブオイルなどで胃がもたれる、味が異常に気になるなど、 自分に合わないかもと感じる方は、別の種類に変えることも考える必要があります。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

甘いものが食べたい・・・

 疲れたら甘いものが食べたくなるという方は多いのではないでしょうか?

 実は、医学的には身体には良くない可能性を指摘されています。

 砂糖は体内に吸収されるスピードが非常に速いので、直ぐに血糖値が上がり、元気になった感覚が得られます。

 しかし、今度は身体が上がった血糖値を下げようと、インシュリンを分泌し、結果、血糖値が一気に急降下。

 その為に、集中力がなくなってボーッとしたり、気力がなくなったりとなる方もおります。

 下がりすぎた血糖値を今度は正常にしようとアドレナリンが分泌されると、気分が高揚したり、頭が痛くなったり、食欲が増したりします。

 甘いものが大好きという方には慢性疲労という方も多く、疲労回復、ストレス発散と言いながら甘いものを食べる傾向があります。

 たまに食べるのはいいと思いますが、食べすぎには気をつけましょう。


新潟市,阿賀野市の整体なら酒井健康整体、わたなべ健康整体へ!

1

« 運動 | メインページ | アーカイブ