HOME > 健康コラム > 新型コロナウイルス > 新型コロナワクチンはいくら?

健康コラム

< なぜ感染者が減っているの?  |  一覧へ戻る

新型コロナワクチンはいくら?

 

 新薬や新ワクチンの開発には多額のコスト

 新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の価格が次第に明らかになってきています。

 ワクチンは米ドルで20~30ドル、最近注目されている「抗体カクテル療法」は131万円もかかるようです。

 いずれも公費負担なので、自己負担はありません。

製薬会社に大きな利益

 ワクチンについては、「ワクチン市場規模、最大8兆円に 日本の契約金額は非公表」朝日新聞(2021624日)。

 同紙は「日本政府はワクチンの契約金額は明らかにしていない」としつつ、米国の医療情報提供会社IQVIAの調査結果を引用しています。

 米ファイザー製
20ドル、米モデルナ製30ドル、英アストラゼネカ製8ドルだと報じています。

 ロイターも
7月にファイザーワクチンは接種1回分が19.5ドルと報じています。

 日本で16歳以上の8割が今年度中に接種すると考えた場合、21年度のワクチンコストは最大約3000億円になり、世界全体で今年のコロナワクチンの市場規模は、最大約750億ドル(約8兆円)になるとIQVIAは推計しているようです。

 昨年、世界で売り上げが最も多かった薬の領域は抗がん剤で約17兆円。

 
2位は糖尿病治療薬で約12兆円でした。

 コロナワクチンは、それに次ぐ規模の売り上げとなり、同紙は「ワクチンの開発に成功した一部の製薬会社は大きな利益を得ている」と書かれています。

菅前首相が明かす

 治療法では「抗体カクテル療法」が注目されています。

 中外製薬の点滴薬「ロナプリーブ」を重症化リスクのある軽症・中等症患者に
1回投与した時の価格をオープンにしたのは菅義偉・前首相です。

 毎日新聞によると、
20211012日、菅前首相はインターネット番組で「ロナブリーナ」の価格などについて語りました。

 「実は131万円なんですよ。非常に高価だがよく効く」と述べるとともに、当初は20万回分の調達を予定していたが「買えるだけ買え」と指示しました。

 計
50万回分に増やしたそうです。

 発言に基づけば、ロナプリーブの調達費は単純計算で
1550億円となると同紙。

 厚生労働省によると、中外製薬との契約では、購入価格や数量は明らかにしない秘密保持の条項が含まれているそうで、厚労省幹部は同紙に、菅氏の発言について、「秘密保持の対象で、価格、量ともにノーコメント」と語っています。

全て国が負担

 これまでも「抗体カクテル療法」については、「きわめて高価」「一回10万円以上」などといわれていました。

 このため、「軽症患者全てに使うことはありえない」という指摘が医療関係者から出ていましたが、今回の菅前首相による価格公表は、そうした懸念を裏打ちすることになりました。

 新薬や新ワクチンの開発には多額のコストがかかります。

 したがって、価格自体は不当に高いものではないと見られています。

 ワクチンについては、このほか接種1回ごとの医師らに原則2070円の対価が支払われています。

 ワクチン代も接種費用も、「抗体カクテル療法」もすべて国の負担です。

 国は今後、国産ワクチンや治療薬の開発支援を強化するとしており、コロナ禍は国家財政にとって重い支出となっています。


カテゴリ:

< なぜ感染者が減っているの?  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

なぜ感染者が減っているの?

 緊急事態宣言が解除になって、このまま落ち着いてくれればと本当に思います。


 今回、なぜ感染者が減っていったのかは、まだはっきりしたことは分かっていないようですが、様々な仮説はあります。

 仮説の1つとして「エラーカタストロフの限界」が注目されているようです。

 これは、ドイツの生物物理学者でノーベル化学賞受賞者のマンフレート・アイゲン氏が1971年に発表したものです。

 これは、ウイルスが増殖する際にコピーミスが起き、変異株が出現し、その中には増殖の速いタイプのウイルスが生まれ、急速に感染が拡大していきます。

 しかし、増殖が速ければコピーミスもさらに増え、ウイルスの生存するために必要な遺伝子まで壊してしまい、そこから、ウイルスが自滅するという考え方です。

 それを考えると、新型コロナウイルスのコピーミスにより、急速に感染拡大した後に、コピーミスが「エラーカタストロフの限界」を超えた事で、ウイルスの自滅が始まり、感染が急速に減少したのではないかとの見解になります。

 あくまでも仮説で、絶対だとは言えませんが、様々な見方があることを改めて実感します。

新型コロナウイルスに感染した人は全人口の約0.6%


  新型コロナウイルスについて厚労省が公表した内容をご紹介します。

 これまでに新型コロナウイルス感染症と診断された人数は79万6,835人で、これは全人口の約0.6%に相当します。 

 重症化する割合や死亡する割合は以前と比べて低下しており、2020年6月以降に診断された人の中では、重症化する人の割合は約1.6%で、50代以下で0.3%、60代以上で8.5%です。

 死亡する人の割合は約1.0%(50代以下で0.06%、60代以上で5.7%)となっています。

 一般的にウイルスは増殖・流行を繰り返す中で少しずつ変異していくものです。

 新型コロナウイルスも約2週間で一か所程度の速度で変異していると考えられています。

 この事から、今後も変異を続けるはずです。

 手洗い、うがい、免疫を低下させないように注意が必要ですね。

新型コロナウイルスの後遺症に「脳の白質の変化」が関係

 新型コロナウイルス感染者の人数がなかなか減少しませんが、回復した患者に慢性的な疲労感や、集中できない、適切な言葉が出てこないといった様々な心理的な症状が確認されています。

 また、神経症状として敗血症や低酸素症、免疫系の過剰な反応など、これも様々な症状が現れています。

 一つの可能性として、脳の白質の変化などが関係するのではないかとも考えられています。

 肺炎などで血中酸素濃度が低下した状態が、長期に渡ったのも影響しているかもしれません。

 またワクチンの接種で副反応が長引く人もいますが、何が影響しているかはハッキリはしていませんが、日頃から体力が低下しないよう、基本的ではありますが、体を冷やさないなどに注意していくのも大切です。

新型コロナウイルスの変異株「N501Y」


  新型コロナウイルスの変異株「N501Y」の感染が広がっています。

 関西では、2回目の緊急事態宣言から、いったん落ち着いたものの、また感染者が増え、第4波が到来しています。

 第3波と異なるのは、年齢層、重症度、速度です。

 年齢層は、患者の年齢が15歳ほど下がり、若い世代を中心に感染が広がっていることがわかります。

 重症度は、そこまでの基礎疾患がなく、血中酸素濃度が92~93%程度であるにもかかわらず、両肺のすべてに肺炎が見られるケースもあるようです。

 速度は、感染スピードが早くなっているようです。

 そのため、感染者が増えやすくクラスターも発生しやすいのかもしれません。

 まだまだ、注意が必要ですが、消毒以外にも体力なども落とさないように気をつけるのもいいかもしれませんね。

新型コロナウイルスが季節性の感染症になるか


 新型コロナウイルスが季節性の感染症になるかどうかは、さまざまな不確定要素に左右されると考えられています。

 多くのウイルス性呼吸器感染症には季節性が見られ、気温や湿度の影響を受けますが、新型コロナウイルスは今のところその気配がないようです。

 湿度や気温が感染力に影響を及ぼすとしても、抗体を持たない人が多いため、パンデミックを抑制する作用は低下すると考えられています。

 いずれは自然感染、またはワクチン接種により集団免疫が獲得されて、他の呼吸器感染症の原因ウイルスと同じ様に、季節変動のある感染症の一つになると予測されてもいます。

 寒くなると免疫力も下がりやすくなりますので、例年以上に、体調には気を付ける必要があります。


 治療系整体なら、新潟市 酒井健康整体、阿賀野市 わたなべ健康整体へ