患者様の感想、口コミ

HOME > 患者様の感想、口コミ > 喘息

患者様の感想、口コミ 喘息

1

339 男性 30代 睡眠障害、疲労感、腰痛、肩こり、喘息、不整脈、胃腸不調、頭痛、他


・睡眠障害(日中の眠気、眠りが浅い、レム睡眠時行動障害、疲れる夢をよくみる)10代から
・疲労感 10代から
・めまい、耳鳴り 耳鳴り10代から めまい21才から
・腰痛、肩こり 10代から 肩甲骨~
・不整脈 10代から
・ぜんそく 20代から
・胃腸の調整が悪い 10代から
・冷え症 10代から 手足先、特に腹部
・ひん尿(中学~)
・怒りっぽい理由を知りたい
・肺機能 60%
・頭がうずく
・頭がスッキリしない
・集中できない
・高速道路、トンネル、レベーターでドキドキやめまい
患部には触れず、問題のある箇所をみつけ、
そして治療するという今だに不思議な整体なのですが、
毎回来るたびに体は楽になっています。
良くなるにはまだ時間がかかりそうですが、これからも治療を
お願いしたいと思います。
患部には触れず、問題のある箇所をみつけ、

 直接の患部にはご本人に触れて頂きます。

 以前は症状によっては触ることもありましたが、触ることをやめました。

 私の触った感覚と、相手が触られた感覚の違いから来る差もありますし、私が触って「悪化した!!」と言われたくないですし、ビフォー&アフターも、ご本人が触ったり動かしたりした方が分かりやすいですし。

 ご本人がご自身で確認する分には、それ以上おかしくなる事もないですしね。

 そして、痛みや症状は「サイン」と言っておりまして、本当の「原因」は違う所にあることが多いです。

 100%ではありませんが、かなりの高確率で他にあります。

 怪我の場合の痛みの原因は怪我です。

 しかし、その怪我が治りにくかった場合には、他に原因があることが殆どです。

 腰の痛みの原因が内蔵だったり、手首の痛みの原因が卵巣だったり。

 これらも、私が触れることなく、ご本人に触れて頂いて確認して頂きます。

今だに不思議な整体なのですが、毎回来るたびに体は楽になっています。

 みなさん不思議がりますが、みなさん、凄い力、自分で自分を治す力「治癒力」というのを持っているのですが、ただ自覚していないだけです。

 私は、あなたの低下している「治癒力」をUP、活性化するお手伝いをしているだけです。

 勉強に例えると、成績が上がるように教えているような感覚です。

 ちなみに私自身、身体って凄いなぁ、不思議だなぁと思いながら施術をしております。


4 女性 小学生 アトピー 慢性鼻炎 喘息


 1年以上赤みが出たりひっこんだりするほっぺたのアトピーが、先生の1回の施術で5日目には何もせずに(薬をつけなくても)ほぼ肌色に近くまで治りました。
同時に幼児期からずっと続くまん性アレルギー性鼻炎、ほぼ毎晩、深夜1時半頃目が覚めてティッシュで鼻をかんでいたのが夜起きず朝までぐっすりと寝れる様になりました。
気づくと口呼吸だったけど最近は口も閉じる事が多く、鼻呼吸が出来ている様子。
本人も調子が良いと言っています。

5日目には何もせずに(薬をつけなくても)ほぼ肌色に近くまで治りました。

 検査したところ、この子の身体は薬を嫌がっておりました。

 なので、薬がなくても治癒力で治ると、この子の身体は言ってますとお伝えし、様子見。

 結果、日に日に良くなっていきました。

 注意して頂きたいのは、闇雲に「薬はダメ」と言っているのではなく、検査した結果をお伝えしています。

 その際には、直ぐにやめて良いのか、段階を踏まないとダメなのか、なども検査しながらお伝えしています。

 また、この子のアトピーを治りにくくさせていた原因が内臓にあったので、その施術も同時に行っております。

  写真は撮っていませんが、身体のあちこちに出来ていたアトピーの症状も改善してきております。

 余談ですが、この子の母親から「最近、調子が悪い」とお聞きし、調べたところココナッツオイルが合っていないという事が分かりました。

 なので、買ったばかりだと言う事ですが、使用をやめて頂いてからは調子が良いそうです。

 ちなみに、この子には検査の結果、ココナッツオイルは問題ないと出ました。


ほぼ毎晩 深夜1時半頃 目が覚めてティッシュで鼻をかんでいたのが夜起きず 朝までぐっすりと寝れる様になりました。

 検査したところ、原因が見付かりました。

 その原因は右の鼻の奥で細菌感染などがありました。

 施術の結果、治癒力が上がり原因が解決されたので、鼻をかむ理由がなくなり改善されました。


気づくと口呼吸だったけど 最近は口も閉じる事が多く 鼻呼吸が出来ている様子。

 口呼吸だったのも、鼻に問題があったのが理由です。

 同じように、口呼吸する理由がなくなったので、鼻呼吸になったのです。

 また、喘息もあり、それは呼吸器官系に問題があったのですが、この子の治癒力でどんどん改善されています。


1