患者様の感想、口コミ

HOME > 患者様の感想、口コミ > アトピー・皮膚のトラブル

患者様の感想、口コミ アトピー・皮膚のトラブル

1

401 女性 20代 手荒れ、肌荒れ、アトピー


 数年前から手荒れが気に
なっていました。どんどんひどく
なっていき、水にさわることもできず、
仕事もお休みしていました。
 酒井先生のところに通い続け、
しばらくするとどんどん良くなって
きているのが目に見えてわかってきま
した。あんなに毎日辛くて泣いて
いたので本当にびっくりです。
 先生にも通うたびに励ましていた
だきました。本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
  ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事もお休みしていました。

 看護師なのに酷い肌荒れということにもまいっていたようでした。
 
酒井先生のところに通い続け、しばらくするとどんどん良くなってきているのが目に見えてわかってきました。

 薬を一切使わず、今まで良かれと思って使ってた物もほとんど止めさせるだけではなく、女性ならなおさらしたいことも止めさせ、さらには通常ならやらせない、タブー?なことをどんどんしなさいと真逆のことを勧めたり。

 浸出液が臭ったり、一瞬で治るというものではないのに、信じて頑張ってくれました。

 治療始めの頃は「本当ですか??」「良いんですか??」の連続でしたが、改善が見え始めてからは早かったです。


392 男性 1歳 アトピー


生後半年頃から息子のアトピーに悩んでいました。
首周りから始まり全身発疹で真っ赤になり、
いつもどこかしら掻いていました。外出しても周りの目が気になる程ひどい状態でした。
皮フ科でステロイドを処方されましたが、小さな赤ちゃんに
塗ることに抵抗を感じていました。(リバウンドが怖いというのもありました)
そんな時、ネットで酒井整体の事を知り、わらをもすがる思いで
先生に診て頂きました。
先生から「必ず良くなります」と言って頂き、少し希望がみえました。
それから、一時的に酷くなり、その後はどんどん良くなっていきました。
1歳を過ぎた今は全くアトピーは出ず、跡も残っていません。
あの時、先生を信じて薬に頼らずに頑張って、本当に良かったです。
もう一つ不思議なことに、人見知りの激しい息子ですが、
酒井先生には泣くことなくニコニコと治療を受けるので驚きました。

先生を信じて薬に頼らずに頑張って、本当に良かったです。

 アトピーの治療はお子様の場合、親がしっかりしないとダメでして、親が治りを邪魔している場合が圧倒的に多いのです。

 気持ちは分かりますが...。

 大きくなった方のアトピーの治療は、本気で治したい!アトピーに負けない!という気持ちが大事です。

 アトピーの治療は痛みや歪みなどと違って、その場で分かるというものではありません。

 どうしても経過を見なければなりません。

 その場合、コメントにもあったように一時的に酷くなる場合もあります。

 この子の母親にはちゃんと説明してあるので、理解して乗り越えて頂けたのですが、ほとんどの方が見た目に騙されているのです。

 騙されているので失敗しているのです。


 また、○○○○ダメ!という先入観にも騙されています。

 辛いから○○のに、先入観から○○○○ダメ!と思い込んでいます。


 アトピーの治療は正直、当事者は大変ですし、子供がアトピーの場合、親も大変です。

 周りの言葉に惑わされますし。


 しかし、勝てる症状です。

もう一つ不思議なことに、人見知りの激しい息子ですが、酒井先生には泣くことなくニコニコと治療を受けるので驚きました。

 この子は母親の女友達もダメ、母親の弟もダメといったほどの人見知りだそうです。

 しかし、なぜか私には近づいてきますし、抱っこもさせてくれます。

 その度にこの子の母親に「なんで?どうして?」と驚かれます。

 なんででしょ?


293 男性 幼児 顔にブツブツ


6才の息子の顔にある日突然ブツブツが・・・病院に行ったら確実にステロイドが出るなと思い、それはイヤだったので、まず病院に行く前にこちらへ。
見てもらうと、最近知人からすすめられて使っていた白だしが原因だという事が分かりました。
だしの中に入っているものに実はアレルギーを起こしていたらしいのです。
その日から息子に白だしを使わない様にしたら一週間で自然にブツブツがほぼ消えていきました。
3つ上の姉は白だしの味が大好きで、ブツブツは出ない。
体にいいものでも人によって合う合わないがあるのだと、思い知らされました。

ステロイド

 ステロイドとは、腎臓の上にある副腎から作られる副腎皮質ホルモンの一つです。

 身体の炎症を抑えたり、免疫力を抑制したりする作用があり、様々な疾患の治療に使われていますが、副作用も多いため、注意が必要です。


白だしが原因

 本当は持ってきて頂くのが一番良いのですが、なくても検査できます。

 更に、現物を持って来てない状態でしたが、他にだしが3種類あるということなので、1種類ずつ検査しましたら、1つはOKだけど、あとの2つはダメという結果でした。


だしの中に入っているものに実はアレルギーを起こしていたらしいのです。

 今回はだしの現物がなく、だしの成分の何にアレルギー反応を起こしているのかまでは分かりませんでしたが、成分表があれば、更に詳しく、ピンポイントで分かります。

体にいいものでも人によって合う合わないがあるのだと、思い知らされました。

 子供の食べ物の好き嫌いが、実は身体に合わなくて「嫌いだ」、「食べたくない」という事もあります。

 例えば赤ちゃんは、母乳の質が悪いと飲まなかったり、直ぐに飲むのをやめたりしますからね。

 質の悪い母乳が、本能的に飲んではいけないと分かっているからです。

 逆に、身体にとって本当は良くないものなのに、美味しい味付けにして、せっせと食べている、または食べさせているなんて事もあります。

 困ったものです。

 


268 男性 小学生 皮膚病


最初は水イボのかゆみで皮フ科でかゆみ止めとステロイドが少量配合された塗り薬を処方され使用していました。
一時的には改善されましたが、しばらくするともっと広範囲にポツポツと出始め 再度来院すると 強いステロイド入りの薬を処方されて、それをつけるとかぶれのように真っ赤になり手足に広がりかゆみも強くなりました。
薬を続けても変化がなく、酒井先生の予約をとらせて頂きました。
私も主人も以前から身体を診て頂いていました。
すがるような想いで来院しました。
子供の身体を調整して皮フを改善するための説明書を頂きました。
家に帰ってから内容にそって行いました。
長期戦になると思い覚悟していましたが 2日目位から皮フの赤みが消えて一週間でかなり改善して 今もどんどん良くなっています。
今回の体験で改めて子供の心と体に向き合っていなかったことに気づかされました。
酒井先生の適切なアドバイスがなければ今に至ってなかったと思います。
身体の調整をしてもらいながらがら 先生のアドバイスを実践していきます。
 
皮フを改善するための説明書を頂きました。

 アトピーの方にも非常によく効くやり方が書いてあります。

 もちろん、薬などは使いません。

 お子様が若いだけあって、正直、私も驚くほどの速さの改善に驚きました。


4 女性 小学生 アトピー 慢性鼻炎 喘息


 1年以上赤みが出たりひっこんだりするほっぺたのアトピーが、先生の1回の施術で5日目には何もせずに(薬をつけなくても)ほぼ肌色に近くまで治りました。
同時に幼児期からずっと続くまん性アレルギー性鼻炎、ほぼ毎晩、深夜1時半頃目が覚めてティッシュで鼻をかんでいたのが夜起きず朝までぐっすりと寝れる様になりました。
気づくと口呼吸だったけど最近は口も閉じる事が多く、鼻呼吸が出来ている様子。
本人も調子が良いと言っています。

5日目には何もせずに(薬をつけなくても)ほぼ肌色に近くまで治りました。

 検査したところ、この子の身体は薬を嫌がっておりました。

 なので、薬がなくても治癒力で治ると、この子の身体は言ってますとお伝えし、様子見。

 結果、日に日に良くなっていきました。

 注意して頂きたいのは、闇雲に「薬はダメ」と言っているのではなく、検査した結果をお伝えしています。

 その際には、直ぐにやめて良いのか、段階を踏まないとダメなのか、なども検査しながらお伝えしています。

 また、この子のアトピーを治りにくくさせていた原因が内臓にあったので、その施術も同時に行っております。

  写真は撮っていませんが、身体のあちこちに出来ていたアトピーの症状も改善してきております。

 余談ですが、この子の母親から「最近、調子が悪い」とお聞きし、調べたところココナッツオイルが合っていないという事が分かりました。

 なので、買ったばかりだと言う事ですが、使用をやめて頂いてからは調子が良いそうです。

 ちなみに、この子には検査の結果、ココナッツオイルは問題ないと出ました。


ほぼ毎晩 深夜1時半頃 目が覚めてティッシュで鼻をかんでいたのが夜起きず 朝までぐっすりと寝れる様になりました。

 検査したところ、原因が見付かりました。

 その原因は右の鼻の奥で細菌感染などがありました。

 施術の結果、治癒力が上がり原因が解決されたので、鼻をかむ理由がなくなり改善されました。


気づくと口呼吸だったけど 最近は口も閉じる事が多く 鼻呼吸が出来ている様子。

 口呼吸だったのも、鼻に問題があったのが理由です。

 同じように、口呼吸する理由がなくなったので、鼻呼吸になったのです。

 また、喘息もあり、それは呼吸器官系に問題があったのですが、この子の治癒力でどんどん改善されています。


1