からだのお悩み解決~症例~

HOME > からだのお悩み解決~症例~ > 身体の状態 > 接地面の異常 足取りが重い ふわふわした歩く感覚

からだのお悩み解決~症例~

< 気付いていない身体の状態  |  一覧へ戻る  |  咳、喘息 >

接地面の異常 足取りが重い ふわふわした歩く感覚

 私たちは普段生活している際に、地面や床に立っても座っても、横になっても接しているわけですが、感覚として
『泥の中を歩いているような感じ』
『そんなに疲れてないはずなのに、身体が重い』
『ふわふわと中に浮いているような感じ』
『めまいではないけど、地に足がついていない感じ』
という方がおります。

 このような感覚は、脳がしっかりと身体と接地面を認識していないという事なんですね。

 身体的には地面や床に±0で接地しているのですが、脳が+2Cmに身体が上にある感覚であったり、逆に-1Cm下にある感覚であったり。

 そうすると、脳の感覚と実際に接地している身体との誤差がある為に、おかしな感覚になります。 

 このような症状は、飛行機で例えたら墜落する可能性があるほどで、着陸する際に、地面があると思ったらなかったはまだいいですが、まだ下にあるはずの地面がすでにあったとなったら...。

 ダイハード2の映画でこのようなシーンが描かれてました。

 人によっては、外に出るのも怖いくらいになったり、うつ病や自律神経失調症と診断されたり、そこまでいかなくても、スポーツする上で感覚のズレにスランプになる方もおります。

 このような症状は通常の整体、カイロ、マッサージなど受けたところで改善はしませんので、お悩みの方はご連絡下さい。



小学6年生:男性
うつぶせになって、もんでくれるのが、直った時が気持ちよかった
です。1回目に行った時、しせいが良くなったので、よかったで
す。今日、かかとからついて歩くのができるようになったの
でうれしかったです。ストレスがたまると、体に問題が
でるということをきいたので、ストレスがたまってくるときは、
気をつけたいです。他にも、体に何かがあったら、楽しいの
で、また来たいです。
うつぶせになって、もんでくれるのが、直った時が気持ちよかったです。

 足首を使って検査をするのですが、それが揉んでいるように感じたうえに、気持ち良かったようです。

ストレスがたまると、体に問題がでる

 ストレスがかかった際にトイレに行きたくなったり、頭が痛くなったり、汗が出たりと、体からは様々な助けて欲しいという症状、サインが出てきます。

 それらをほっとくと更に悪化する事になりかねません。

体に何かがあったら、楽しいので、また来たいです。

 体がどんどん変化する事が楽しいそうです。



20代:男性
・自分の体の弱っているところが分かったので、生活上でどこに気をつければいいかわかった。
・体が浮いている感かくが治ってよかった。
・筋のハリをとってもらえたので体が軽くなった。
・自分では気がつかないことを教えてもらえるので大変助かる。
・自分の体の弱っているところが分かったので、生活上でどこに気をつければいいかわかった。

 内蔵などに異常があったとしても自覚されていない方が多いのですが、ご自身の体のどこが弱っているかが分かれば、対策が取れたり、注意をしたりと出来ます。

・体が浮いている感かくが治ってよかった。

 肉体的には、足の裏は地面としっかりついているのですが、脳の感覚としては2cm以上体が浮いている状態でした。

 このような方は地に足がついている感覚がないので体が浮いているように感じますし、逆に感覚が沈んでいる方は、足取りが重く、泥の中を歩いているような感覚があったりします。

・筋のハリをとってもらえたので体が軽くなった。

 筋肉が張っている状態というのは、常に筋肉が緊張しっぱなしなので、動きも鈍くなり、体が重く感じます。

 その緊張している筋肉のハリをとれば、無駄な力が抜け、体が軽く感じます。

・自分では気がつかないことを教えてもらえるので大変助かる。

 先ほどの内蔵以外にも、体からは色々なSOSの信号、サインを出していることが多いです。

 そのサインに気付いてあげれば、より健康へと導く事が出来ます。

 私が行っているのは、体からのサインを読み取り、治癒力を高めるとともに、皆さんにお伝えする事でもあります。

< 気付いていない身体の状態  |  一覧へ戻る  |  咳、喘息 >

カテゴリ: