からだのお悩み解決~症例~

HOME > からだのお悩み解決~症例~ > 捻挫 > 捻挫

からだのお悩み解決~症例~

< 腱鞘炎  |  一覧へ戻る  |  オスグッド・シュラッター病(成長痛) >

捻挫

 捻挫(ねんざ)、挫き(くじき)は、関節の許容範囲を超えた動きがあった際に起きる損傷の一つです。

 シップやテーピングで治療を行っている所が多いですが、それだけでは治りにくい事が多いです。

 また、捻挫癖を持っている方は、足関節などが変異している場合が多いので、矯正しなければなりません。
 



20代:女性
足首の痛みをすぐに取ってもらえて正直おどろいています。
普段ねこ背でプレーのはんいもせばまっていると言われてい
たんですけど、長年直せないでいました。
しかし、かたのせばまりを治してもらって自然にうでが
上がるようになったし、背筋もピンとはれるように
なりました。
術前の状態と術後の状態を比べながら
やってくれていたのですごい実感もわけて、とても
良いと思いました。
少しづつ通って改善していきたいと思いました。
足首の痛みをすぐに取ってもらえて正直おどろいています。

 プロバスケットボール選手ということですが、両足首を捻挫しており、なかなか良くならないため、普段はトレーナーにテーピングをしてもらいながらプレーをしていたそうです。

 そのため、練習中はもちろん、試合中も痛み、影響が出ていたそうです。

 痛みはもちろん、立った瞬間から重心の変化、歩き方も変化したのを感じて頂きました。


術前の状態と術後の状態を比べながらやってくれていたのですごい実感

 施術者がいくら変わったと言っても、受者が変化を感じないことには話になりません。

 症状によっては、その場で変化を感じないのももちろんありますが、出来るだけ変化を感じて頂けるようにしております。


少しづつ通って改善していきたいと思いました。

 「次回、いつ来たら良いですか?」

 と質問されたのですが、

 「取り敢えずそれほど問題ないので大丈夫です。」

 と、答えました。

 しかし、自分で出来るメンテナンス方法をお伝えしましたが、

 「練習や試合などで違和感が出てきたら、無理しないで来て下さい。」

 とお伝えし、終了です。

 決して、全員再来院が必要なわけではありませんし、無理に再来院させようとも考えておりません。

< 腱鞘炎  |  一覧へ戻る  |  オスグッド・シュラッター病(成長痛) >

カテゴリ: