HOME > 健康コラム > > インフル薬「アビガン」有効性確認

健康コラム

< ウイルスにはキラーT細胞  |  一覧へ戻る  |  新型コロナウイルスとインフルエンザ >

インフル薬「アビガン」有効性確認

【北京時事】

 中国科学技術省は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染患者の治療薬として、富士フイルムのグループ会社が開発した新型インフルエンザ薬「アビガン」の有効性を臨床試験で確認したことを明らかにしました。

 アビガンの有効成分「ファビピラビル」に関するライセンス契約を富士フイルムと2016年に結んだ中国の製薬大手・浙江海正薬業が、後発医薬品を量産する方針です。

 同社は先月、中国国家薬品監督管理局から認可を取得しています。

 臨床試験は、湖北省武漢市と広東省深セン市の病院で計200人の患者を対象に行われ、投与した患者の方が短期間に陽性から陰性になり、肺炎症状なども改善したとのことです。

 アビガンは日本でも先月から患者への投与が始まっています。

【時事通信社】

   抗インフルエンザ薬のひとつであるアビガンは、今のところ新型コロナ肺炎の患者に投与して有効だったという数例の症例報告はありますが、まとまった患者で検討したランダム化比較試験はないようです。

 さらに、投与した患者と、していない患者を比較した観察研究の結果もないようです。

 そのため、薬の力で回復したのか、患者の自然治癒力のせいなのか不明で、多くの患者に使う根拠にならないという意見もあります。

【ランダム化比較試験とは】

 本来、新しい薬を投与する場合は、患者に実験的研究である旨と治験実施計画書であるプロトコル(治験の目的、デザイン、行う根拠、統計学的考察、治験を行う組織、方法)を説明し、患者の同意を取ったうえで実施します。

 それも、新薬であればまずは健常者群に投与して薬の安全性を確かめたうえで、患者群に投与して有効性と副作用を調べます。

 その際、患者群をくじ引きで均質な2群に分けて、それぞれ本物の薬と偽薬を投与します。

 そうすることで、薬のみの有効性や副作用を分析することができます。

 このようなランダム化比較試験を行いませんと、患者に投与して回復したとしても、薬の力で治っているのか、それとも患者自身の自然治癒力で回復したのかがわかりません。

 しかも、致死率が高い状況では副作用が出ても、それが副作用だとわからないまま患者が亡くなり、副作用の検討が不可能になります。

カテゴリ:

< ウイルスにはキラーT細胞  |  一覧へ戻る  |  新型コロナウイルスとインフルエンザ >

同じカテゴリの記事

対症療法の問題点

 人体というのは、たとえ一つの疾患を対症療法で物理的に治療・抑制をしたとしても、根本原因を放置したままでは、他の臓器などに次から次へと他の疾患が現れてくることがあることは、指摘されております。


 また、患者を医薬品に依存させてしまうという問題があります。

 例えば、家族関係が原因で心理的に悩み、それによって胃酸が大量に分泌され、その結果、胃に不調が起きている際に、対症療法で胃酸の分泌を抑える薬物を処方したような場合があります。

 このような場合、一時的には症状を抑えられたとしても、この薬物を飲むのをやめたとたんに元の不調な状態に戻るということになってしまいます。

 根本的な原因を解決しない限り、このような患者は長期に渡り(場合によっては数十年も)、その薬剤を服用しなければなりません。

 また、頭痛に悩み、病院や整体、カイロなど、いろいろ行かれても解決しなかったというその方の頭痛の原因が、月末の支払いだったいうこともありました。

 月末の支払いを何とかしない限り、いくら薬を飲もうが、施術を受けようが、治るわけないのです。
 



 また、医薬品は一般的に同一のものを飲み続けますと、その効果が次第に弱まってしまいます。

 その為、効果が弱まったからといって、量を増やしたり、より強い薬剤に切り替えたりしますと、医薬品が必然的に持っている副作用も大きくなってしまい、その影響で当初は不調でなかった他の臓器に不調が新たに発生する事は多いです。

 その新しく発生した不調を治療しようとして、また対症療法で新たな医薬品を服用しますと、それに伴いまた新たな副作用が現れ、更にそれを抑えるために・・・・・・と悪循環に陥ったりする事もあります。
 


原因不明の痛みや症状

 当院には、医師から
「何ともありません」
「歳のせい」
「気のせい」
「取り合えずお薬出しておきますね」
と言われた方が多くいらっしゃいます。

☆「何ともありません」と言われたのに、痛い!辛い!

 本当に何ともないのであれば、なぜ痛かったり辛かったりするのでしょう?

 それは、医師の診断や検査では原因が引っかからなかっただけの話であって、本当に何ともなければ痛かったり辛かったりするわけがありません。

 例えば腰痛。

 腰が痛いといってレントゲンを撮り、骨が折れてたり傷がついていたりすれば分かりますが、筋肉が原因の腰痛の場合、筋肉は写りませんので原因不明となります。

 MRIやCTなどで筋肉が写っても、傷がついてなければただの筋肉としてしか写らないので、やはり、筋肉に腰痛の原因があったとしても原因不明となります。

☆「歳のせい」

 確かに、長年生きてればなんでもそうですが、ガタがきます。

 しかし、「歳のせい」と言われた方よりも更に年配の方で平気な方は大勢おられますし、年下でも同じような症状を訴えられる方もおられます。

 そうなると、「歳のせい」とは言えないのでは?

 「歳のせい」にすると、こちら側(施術者、治療家など)としては楽です。

 治らないのは歳のせいにすれば良いのですから。

 しかし、痛い、辛いのであれば、例え歳のせいだとしても、何とか努力するのが私の役目だと考えております。

☆「気のせい」

 「気」のせいの「き」が「氣」という意味でしたら、納得できます。

 「氣」=「生命エネルギー」と考えれば、「生命エネルギー」が弱まっているからつらい症状が出ているという風に考えられますから。

 しかし、医師が言う「気のせい」の「き」は、「氣」ではないと思います。

 身体というのは凄くて、意味があって、原因があって、様々な症状、痛みを出します。

 決して「気のせい」ということではありません。

☆「取り合えずお薬出しておきますね」

 薬は異物です。

 多かれ少なかれ副作用を伴うものです。

 取り合えず薬を出すいうのは、よく分からないから薬を出すけど、効かなかったら次の薬と、実はこれ、公認の人体実験です。

 効けばラッキー!

 効かなければ、次の薬で実験ね!

 ということと同じです。

 WHO(世界保健機構)で認められている病気の数は、驚くことなかれ10,000以上!!

 そんなに数ある中から病気を絞ったり、薬を決めるのが難しいのは致し方ないと思いますが、合わない薬を飲み続けて、「治らない、治らない」と言われても「そりゃそうでしょ」と。

 そもそも薬は治すモノではなく、症状を抑えたり緩和させたりするモノですから、薬で治ろうと思う事事態が間違っているのです。

 では何が治すのか?

 それはあなたが生まれた時から持っている治癒力で治すのです。

 薬はあくまでも、治癒力がしっかり発揮するためのサブ的なものと考えましょう。

薬が治す?

 当院に来られる患者さんで、薬だけでお腹いっぱいになるのではと思われるほど何種類も飲まれてる方や何年も飲み続けている方がおります。

 そんなに種類あると副作用が出て、その副作用を抑えるためにあらたに薬を処方されて、最初の症状からかけ離れてしまってたり、何年も飲み続けているということは、結局治ってなく、症状を押さえつけているだけでは?と。

 中には、ご自身の身体では生産できなくなってたり、足りなかったりする為に、それを補う為に飲まれている方もおりますが、「薬を飲まないと不安なんです~」と症状も出ていないのに飲まれている、薬物中毒の方もおります。

 また、ちょっと症状が出れば、ほっとけば治る症状でも「薬!」と薬大好きな方も。

 そもそも薬は、症状を緩和してくれるかもしれませんが、病気を治せません。

 よく、痛みや辛い症状を「薬を飲んだら治りました!」と言われる方がおりますが、治ったのではなく、痛みや症状を緩和させたり、感じさせなくさせたりしてるだけです。

 毒蛇などの神経を麻痺させる毒を何倍にも薄めて、痛みなどを感じさせなくしてしてた昔の薬と言われてたものと一緒ですね。

 多くの方がかかる風邪も、薬が治しているのではなく、症状を押さえたり緩和させたりしてるだけで、今だに風邪を治せる薬が発明されてないのも有名な話です。

 では、何があなたの身体を治しているのかといいますと、あなたの自分で自分を治す「治癒力」が治しているのです。

 そもそも薬は身体にとって異物です。

 石油などを原料とした合成物なのです。

 なので、多かれ少なかれ副作用はあります。

 その副作用のせいで新たな症状が出たり、別の病気になることさえあります。

 当院には医師の患者さんも来られますが、「患者には出すけど、自分や身内には使いたくない薬はいっぱいあるよ」という話や、薬剤師から「医者が処方する薬に疑問を思うことが多々あるよ」という話をよく聞きます。

 こんな事を書いていますと、私が薬嫌いだと思われると思いますが、薬はあくまでも、治すモノではなく、手助けしてくれるモノと考えております。

 基本は、自分の治癒力で治します。

 しかし、どうしても自分の治癒力だけでは辛い時や追いつかない時には、薬を飲みます。

 メインは治癒力で、サブが薬です。