からだのお悩み解決~症例~

HOME > からだのお悩み解決~症例~ > オスグッド > オスグッド・シュラッター病(成長痛)

からだのお悩み解決~症例~

< 捻挫  |  一覧へ戻る  |  鵞足炎 >

オスグッド・シュラッター病(成長痛)

 一般的には、「オスグッド」などと略されますが、正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)」です。

 成長痛ともよく言われます。

 オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッターびょう、英:Osgood-Schlatter disease、独:Osgood-Schlatter-Krankheit)は、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨(すね)が出っ張って痛むという骨軟骨炎でする。

 多くの患者は、膝の脛骨の付近の痛みや膝裏の痛みを感じます。

 様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が生じ、このため10~ 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れます。

 外見からはあまり痛くなさそうでも、本人からすればかなり痛いのにわかってもらえないのも発症者のネックになることが多いです。

 特に発症しやすいスポーツはサッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技、テニスと言われています。


< 捻挫  |  一覧へ戻る  |  鵞足炎 >

カテゴリ: